鼻風邪 早く治す子供の対策について

風邪に負けないサプリメント

鼻風邪 早く治す子供の対策3つの事!!

鼻風邪 早く治す子供の対策について

 

 

鼻風邪をこじらすと子供といえど大変です。
早く対策を手を打っておかなければ最悪は肺炎など起こりうる場合があります。

 

 

鼻水の仕組みを理解して対処していく必要があります。

 

 

鼻水の性質について

鼻水には数種類によって別れていて、
その用途によって風邪やアレルギーなどおおよそ見分ける事が出来ます。

 

 

透明でさらっとした鼻水

 

主にアレルギー鼻炎などに見受けられ、咽頭痛や発熱時などに出始める。

 

 

透明でどろっとした鼻水

 

発熱や咳など症状が現れ、細菌感染は無い可能性が高めで
子供が出た際は鼻詰まりになりやすいので注意が必要。

 

ドロッとした色着いた鼻水

 

細菌やウイルスの感染が発生しており色が濃く、粘り気が強い。

 

黄色や緑の鼻水は細菌などが死んでいるものが含まれており、
治りかけのサインでもある。

@ まずは安静

もちろんのことですが、鼻風邪といっても
まずは安静にしましょう。

 

 

子供は元気ですので鼻水を出そうが出さないだろうが
そこらじゅうを走ったり、駆けずり回ったりします。

 

 

鼻水は風邪のサインですので、ウイルスを外に
除外する為にも安静である事が大切です。

A こまめな水分補給

鼻風邪はほとんどが初期症状ですので
安静の意識も薄れがちですが、

 

 

免疫力を高める1つに水分補給です。

 

 

人間は常に汗をかいていて
寝ているときでも数リットルもの汗を知らずにかいています。

 

 

水分がなくなると脱水症状が起こり、
免疫力が下がってしまいます。

 

 

そうするとウイルスの力が強くなり、
それを追い出そうとより多くの鼻水を
脳から指令して放出します。

 

 

B 鼻水を極力鼻の外に出す。

鼻水がずっと続くと段々と鼻づまりになってしまって
最悪呼吸困難にもなります。

 

 

ある程度の年齢ならば注意してもらえれば
してもらえますが、

 

 

赤ちゃんやまだ物心がついていない歳ならば
知らず知らずに鼻呼吸で苦しむ場合があります。

 

 

そうならない為にも鼻を詰まらせないように
鼻水を排除して鼻の通機構を貫通しておく必要があります。

 

 

そうすることで寝るときなどでも子供が鼻呼吸ができ、
寝不足を防ぐこともできます。

まとめ

子供が鼻風邪を引きにくくする為には免疫力が必要で
免疫力を高めるには環境や食生活などが左右されます。

 

外から帰ったら手洗いうがいはもちろん、
鼻風邪を引く前から免疫力を高めるビタミンCの摂取。

 

 

身体を暖めることも大切なので
冬場ならば加湿器で乾燥を防ぐなどの対策が必要になります。

 

 

その予防を含め、身体の根本部分からウイルスに対抗する力があれば
子供が鼻水に苦しむことなく生活を送る事が出来ます。

 

 

その免疫力を高めてくれる要素を取り入れる事が
鼻風邪を引きにくくする秘訣とも言えます!!

 

 







 


鼻風邪 早く治す子供の対策について


 
トップ 目次 風邪を引かない得策法 お問合せ