夏風邪対策をする

風邪に負けないサプリメント

夏風邪対策をする!!

風邪をひく,対策,鼻づまり,発熱,頭痛,関節痛,悪寒,夏風邪

 

 

夏風邪を引くのは、冬に出す高熱よりもしんどい、つらいです。

 

 

夏の暑さにそれを妨げるためにクーラーの中で高熱を発すると、

 

 

体の自律神経のバランスも崩れることから、かなりのだるさが

 

 

感じられます。

 

 

そうならない為にも夏の間にも対策をしていきましょう!!

 

水を沢山飲む

風邪をひく,対策,鼻づまり,発熱,頭痛,関節痛,悪寒,夏風邪

 

夏といえば暑くて喉がすぐに乾きますよね?

 

 

夏でしてはいけないのは「脱水症状」!!

 

 

脱水症状を起こすと自律神経のバランスを崩し、

 

 

熱中症や免疫力の低下に繋がります。

 

 

そうなるとウイルスが体内に侵入し、夏風邪の対象にもなるわけです。

 

 

なので水分補給を主にする必要があります。

 

 

その水もミネラルウォーターなどが良いです。

 

 

特に軟水は体内の溶け込みやすいので体に適しています。

 

 

そして出来たら常温の水が良いです。

 

 

夏なので冷たい水を浴しますが、内臓はあまり冷たいものは望みません。

 

 

胃腸などが冷水を大量に摂取すると弱ってしまいますので、

 

 

そこで免疫力を低下してしまいます。

 

 

なので常温のミネラルウォーターで補給をすれば、

 

 

体調維持にも繋がります!!

 

 

ウォーターサーバーなどで、常時水を飲めるようにしておくのも、

 

 

夏バテ、夏風邪防止にもいい対策ですよ!!

 

 

⇒ウォーターサーバーの一覧を見てみる!!

冷暖房に注意

夏に絶対に必要なのがクーラーです。

 

 

ココ最近は30度を超える日が多く、クーラーが必修になってきます。

 

 

でもクーラーを当たりすぎるのも免疫低下に繋がります。

 

 

冷風を長時間あたると内臓の分泌が弱くなり、これも体調低下に繋がります。

 

 

室温が低すぎると低温になってしまうのでそれもよくないです。

 

 

後は冷房と室外を行き来する歳の温度差もよくないです。

 

 

体温が急な温度差に対応できず、体温の調整が鈍感になり、

 

 

発熱したりする症状もでてきたりもします。

 

 

なので事務作業での公共施設ならばタオルケットで足回りを囲ったり、

 

 

カーデガンをきるなどの対策であまり低温で長時間硬直しないように

 

 

していきましょう。

 

 

あとクーラー内でいても、汗をかいていますので、

 

 

こまめの水分補給も忘れずに!!





 


風邪をひく,対策,鼻づまり,発熱,頭痛,関節痛,悪寒,夏風邪

関連ページ

夏風邪を予防する

 
トップ 目次 風邪を引かない得策法 お問合せ